ALBench: Active Learningのベンチマーク

  • ALBench: A Framework for Evaluating Active Learning in Object Detection [102.8]
    本稿では、オブジェクト検出におけるアクティブラーニングを評価するために、ALBenchという名前のアクティブラーニングベンチマークフレームワークをコントリビュートする。 自動深層モデルトレーニングシステム上で開発されたこのALBenchフレームワークは、使いやすく、さまざまなアクティブな学習アルゴリズムと互換性があり、同じトレーニングおよびテストプロトコルを保証する。
    論文  参考訳(メタデータ)   (Wed, 27 Jul 2022 07:46:23 GMT)

Deep Active Learningのサーベイ

  • A Comparative Survey of Deep Active Learning [76.0]
    Active Learning (AL)は、ラベル付けのための大きなラベル付けされていないデータプールからデータサンプルを順次選択することで、ラベル付けコストを削減するための一連のテクニックである。 ディープラーニング(DL)はデータハングリーであり、DLモデルのパフォーマンスは、より多くのトレーニングデータとともに単調にスケールする。 近年、Deep Active Learning (DAL) は、高価なラベリングコストを最小化しつつ、モデル性能を最大化するための実現可能なソリューションとして上昇している。
    論文  参考訳(メタデータ)   (Fri, 25 Mar 2022 05:17:24 GMT)
    • Active Learningの現状を知るために良い資料。VQAでは上手くいっていないのは意外だった。特定タスク、特定ドメインでは有効そうという感じで社会実装上は重要な技術のようには思う。
    • 利用ソフトウェアにGitHub – ej0cl6/deep-active-learning: Deep Active Learningが挙がっており、拡張バージョンも公開予定とのこと。