Open-Domain Conversational Question Answering with Historical Answers

  • Open-Domain Conversational Question Answering with Historical Answers [29.8]
    本稿では,過去の回答を利用して検索性能を向上させるConvADR-QAを提案する。 提案手法では,学習者側が学習者側から発する雑音を低減させるため,学習者側で学習者側で学習を行う。 ベンチマークデータセットOR-QuACを用いた実験では,抽出および生成の両方において,既存のベースラインよりも優れた性能を示した。
    論文  参考訳(メタデータ)   (Thu, 17 Nov 2022 08:20:57 GMT)
  • 過去の回答を使いながら性能を向上させるQA手法の提案。対話の文脈を一定程度考慮できるようで興味深い。
  • リポジトリはhttps://github.com/MiuLab/ConvADR-QAとのことだが、現時点では404

QAmeleon: Multilingual QA with Only 5 Examples 

  • QAmeleon: Multilingual QA with Only 5 Examples [71.8]
    数ショットの学習環境下で事前学習した言語モデルを利用する方法を示す。 我々のアプローチであるQAmeleonは、PLMを使用して、QAモデルをトレーニングした多言語データを自動的に生成する。 言語毎に5つの例しか持たないデータ合成のためにPLMをプロンプトチューニングすることで、翻訳ベースのベースラインよりも精度が向上する。
    論文  参考訳(メタデータ)   (Tue, 15 Nov 2022 16:14:39 GMT)
  • 多言語QAモデル実現のための合成データ作成においてPLM+promptを使う手法の提案

DiaASQ

  • DiaASQ: A Benchmark of Conversational Aspect-based Sentiment Quadruple Analysis [84.8]
    そこで本稿では,対話におけるターゲット・アスペクト・オピニオン・センタティメントの感情四重項を検出するために,対話的側面に基づく感情四重項分析,すなわちDiaASQを導入する。 大規模で高品質な中国語データセットを手動で構築し、手動翻訳による英語版データセットも取得する。 エンドツーエンドの四重項予測を効果的に実行し、より優れた発話四重項抽出のために、リッチな対話特化特徴表現と談話特徴表現を組み込むことに成功している。
    論文  参考訳(メタデータ)   (Thu, 10 Nov 2022 17:18:20 GMT)
  • 対話の「target-aspect-opinion-sentiment」を判別するためのデータセット。規模は1000対話、7452発話。中国語のデータで構築されたうえで、手動で英語に翻訳されたデータが存在するとのことで様々な問題設定で使用できそう。
  • プロジェクトサイトはhttps://github.com/unikcc/DiaASQとのことだが、現時点では404

Discord Questions

  • Discord Questions: A Computational Approach To Diversity Analysis in News Coverage [84.6]
    本稿では,情報源の違いを識別し,ニュース報道の多様性を理解する上で,読者を支援する新しい枠組みを提案する。 このフレームワークはDiscord Questionsの生成に基づいている。
    論文  参考訳(メタデータ)   (Wed, 9 Nov 2022 16:37:55 GMT)
  • ソースの違いを明確にする枠組みの提案。質問の生成→QAモデルによる回答収集→回答の統合というパイプラインを用いている。(記者の視点等が入るため)ニュースソースごとに質問応答(抽出されるデータ)は異なるはずで直感的にも効果的なアプローチのように思う。
  • リポジトリはsalesforce/discord_questions (github.com)

SpaceQA

  • SpaceQA: Answering Questions about the Design of Space Missions and Space Craft Concepts [57.0]
    宇宙ミッション設計における最初のオープンドメインQAシステムであるSpaceQAについて述べる。 SpaceQAは、欧州宇宙機関(ESA)による、宇宙ミッションの設計に関する情報のアクセス、共有、再利用を容易にするイニシアチブの一部である。
    論文  参考訳(メタデータ)   (Fri, 7 Oct 2022 09:41:39 GMT)
    • 試行運用に入っているQAエンジンとのこと。一般的な部品をうまく組み合わせているように見える。
    • リポジトリはexpertailab/SpaceQA (github.com)

TabMWP: Tabular Math Word Problem

  • Dynamic Prompt Learning via Policy Gradient for Semi-structured Mathematical Reasoning [150.2]
    数学的な推論を必要とする38,431のグレードレベルの問題を含む新しいデータセットであるTabular Math Word Problems (TabMWP)を提案する。 我々は,GPT-3モデルを含む,TabMWP上での事前学習モデルの評価を行った。 本稿では、ポリシー勾配を利用して、少量のトレーニングデータからコンテキスト内サンプルを選択する新しいアプローチ、PromptPGを提案する。
    論文  参考訳(メタデータ)   (Thu, 29 Sep 2022 08:01:04 GMT)
    • 表形式のデータに対して数学的な推論を必要とするデータセットの提案。38Kと規模も大きい。GPT-3+強化学習により一般的な手法よりも高い性能を達成とのこと。

SQA(Science Question Answering)、SCIENCEQAベンチマーク

  • Learn to Explain: Multimodal Reasoning via Thought Chains for Science Question Answering [124.2]
    本稿では,SQA(Science Question Answering)について紹介する。SQA(Science Question Answering)は,21万のマルチモーダルな複数選択質問と多様な科学トピックと,それに対応する講義や説明による回答の注釈からなる新しいベンチマークである。 また,SQAでは,数ショットのGPT-3では1.20%,微調整のUnifiedQAでは3.99%の改善が見られた。 我々の分析は、人間に似た言語モデルは、より少ないデータから学習し、わずか40%のデータで同じパフォーマンスを達成するのに、説明の恩恵を受けることを示している。
    論文  参考訳(メタデータ)   (Tue, 20 Sep 2022 07:04:24 GMT)
    • 21kからなるマルチモーダル、マルチホップを含むQAデータセット。注釈等も付与されている。GPT-3 & chain-of-thought (CoT)で正解率75.17%とのこと。
      • 既に低くないのでは?と思わなくもない。
    • プロジェクトサイトはScienceQA

GENREAD: 検索の代わりの大規模言語モデル

  • Generate rather than Retrieve: Large Language Models are Strong Context Generators [74.9]
    本稿では,文書検索を大規模言語モデル生成器に置き換えることで,知識集約型タスクを解く新しい視点を提案する。 我々は,提案手法をgenRead と呼び,まず大きな言語モデルに対して,与えられた質問に基づいて文脈文書を生成し,次に生成された文書を読み出して最終回答を生成する。
    論文  参考訳(メタデータ)   (Wed, 21 Sep 2022 01:30:59 GMT)
    • open-domain QAで良く用いられる検索モジュールを大規模言語モデルによる生成器に置き換えることで優れた性能を達成との報告。 TriviaQA と WebQ でSoTAを主張。
    • 大規模言語モデルからうまく情報を引き出す事と大規模な知識データベースを検索する事が近しく、しかも前者の性能が良いことを示しているような気がしていて、Transformer等による情報の圧縮はかなり効果的なんだろうなという直感。

WildQA

  • WildQA: In-the-Wild Video Question Answering [22.1]
    本研究では,外部設定で録画された映像の映像理解データセットWILDQAを提案する。 また、与えられた質問や回答に対する視覚的支援を識別する新しいタスクについても紹介する。
    論文  参考訳(メタデータ)   (Wed, 14 Sep 2022 13:54:07 GMT)
    • 屋外で記録された映像を用いたVQAデータセット。規模は369本、916QA。ドメインが「Agriculture」「Human survival」「Natural disaster」「Geography」「Military」とかなり特殊。
    • プロジェクトサイトはWildQA: In-the-Wild Video Question Answering (umich.edu)

RealTime QA

  • RealTime QA: What’s the Answer Right Now? [113.0]
    本稿では,動的質問応答(QA)プラットフォームであるRealTime QAを紹介する。 GPT-3は、新しく検索された文書に基づいて、しばしばその生成結果を適切に更新することができる。 検索した文書が回答を見つけるのに十分な情報を提供していない場合、GPT-3は時代遅れの回答を返す傾向にある。
    論文  参考訳(メタデータ)   (Wed, 27 Jul 2022 07:26:01 GMT)
    • QAを現実世界、実時間で評価していく取り組み。Question Answeringモデルの実運用が現実的なのか知る上でも非常に興味深い。
    • プロジェクトサイトはHome | RealTime QA