レイアウト構造を利用した自然言語処理

  • Incorporating Visual Layout Structures for Scientific Text Classification [31.2]
    本研究では,VILA(Visual LAyout Structure)の新たな手法として,ページテキストをテキスト行やテキストブロックにグループ化する手法を言語モデルに導入する。 モデル入力にレイアウト構造の境界を示す特別なトークンを追加するI-VILAアプローチは、トークン分類タスクにおいて+14.5 F1のスコア改善をもたらす可能性があることを示す。
    論文  参考訳(メタデータ)  参考訳(全文)  (Tue, 1 Jun 2021 17:59:00 GMT)
    • レイアウト情報は重要な情報源であり、うまく活用できた時の効果は大きいと思う。
    • データセットとコードはhttps://github.com/allenai/VILAで公開予定とのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です