難易度を考慮した機械翻訳の評価

  • Difficulty-Aware Machine Translation Evaluation [20.0]
    本稿では,新しい難易度対応機械翻訳評価指標を提案する。 ほとんどのMTシステムで予測できない翻訳は難解なものとして扱われ、最終的なスコア関数に大きな重みが割り当てられる。 提案手法は,MTシステムすべてが非常に競争力がある場合でも良好に機能する。
    論文  参考訳(メタデータ)   (Fri, 30 Jul 2021 02:45:36 GMT)
    • BERTScore をベースに翻訳の難しさ(複数翻訳モデルの一致の悪さ)を考慮したDifficulty-Aware BERTScoreを定義、評価指標として有効に動作することを検証した論文。よく用いられるBLEUは翻訳の品質評価において良好な結果を示さないことが分かっており、自動評価指標の開発は重要である。品質評価において難易度の考慮は自然な発想であり、本論文の難易度の定義も違和感がない。良さそうな指標だと思う。
    • ソースコード等はhttps://github.com/NLP2CT/Difficulty-Aware-MT-Evaluationで公開されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です